資格を取って憧れの医療事務員に転身しよう

収入アップにもつながる

ハートと聴診器

スキルアップのメリット

医療事務と一口に言っても、その仕事内容は様々です。病院の受付業務から会計計算、入院施設への案内業務、レセプト作成など仕事内容は多岐にわたります。患者さんが病院に来院した時、まず診療申込書への記入を促したり、保険証の提示を求めたり、診察予約の確認などを行う窓口業務は、特別な資格が必要なわけではなく、一般的な社会人としてのマナーを備えていればこなすことが可能です。ただし病院というのは、患者さんの症状や医療内容に応じて対応することも出てくるので、ある程度の専門知識は身に着けておいた方がいいでしょう。医療事務としてのスキルをアップさせたり収入に結びつけたりするのであれば、資格を取得することが必要になります。医療事務における資格はいろいろありますが、レセプト作成における診療報酬請求事務能力認定試験はその代表的なものです。レセプトとは診療報酬明細書のことを指しますが、これによって医療費を計算し、患者負担分の計算を行うのです。医療費というのは点数にあらわされており、患者さんのカルテを見ながらデータ入力をする必要があるために、レセプト業務ができる医療事務は、より専門性の高い業務とされているのです。最近では全国の病院で電子カルテの導入が進められています。これにより患者さんのカルテを共有できることが可能になりましたが、同時に以前よりも患者さんの病気に関する守秘義務の徹底が必要となりました。医療事務の資格を学ぶことは、こうした医療に関するマナーを同時に学ぶことにもつながり、医師や看護婦とより信頼性を築くことが出来るのです。医療事務での資格取得は必ずしも必須ではありませんが、よりスキルアップを目指すのであればぜひ取得しておくといいでしょう。