資格を取って憧れの医療事務員に転身しよう

医療機関を陰で支える仕事

PC操作

業務には専門知識が必要

さまざまな事務職の中でも、特に女性に人気が高いと言われているものに医療事務があります。医療事務は、病院やクリニックなどの医療機関を運営するのに必要な事務仕事のことをいいます。内容はさまざまで、受付や秘書など一般企業における事務と変わらないものもあれば、医療機関ならではのものもあります。特に窓口負担金の計算や診療報酬の請求といった仕事は、医療制度や保険制度に関する専門的な知識が求められます。関連する資格を取得しておけば、専門知識を有することの証しとなります。現在、医療事務に関する資格は10以上存在します。誰でも受験できるものから、特定の通信講座を修了した後に受験できるものまで、タイプはさまざまです。受験する前にまず知っておきたいのは、医療事務に関する資格はすべて民間の検定資格だということです。したがって、資格がなければ仕事に就けないというわけではありません。ただ、未経験者がこれから就職を目指すのであれば、資格を持っていることは1つのアピールポイントになります。冒頭で医療事務は女性に人気があると述べましたが、それは、専門知識をいったん身につけると子育て等のブランクがあっても復職しやすいからです。つまり、この仕事は経験者が優遇される傾向にあるのです。こうした中で未経験者が就職を勝ち取るには、あらかじめ専門知識を有し、即戦力になることをアピールする必要があります。資格取得は、そのための武器となるのです。