資格を取って憧れの医療事務員に転身しよう

PC操作

医療機関を陰で支える仕事

医療事務とは、病院等の医療機関における事務職のことをいいます。業務の中には医療保険制度等に精通していなければ勤まらないものがあるため、求人の際には経験者が優遇される傾向にあります。未経験者の場合は、資格を取得することで即戦力をアピールすることができます。

ハートと聴診器

収入アップにもつながる

医療事務の仕事は窓口業務や入院施設への案内、レセプト作成などがあります。特に診療報酬を計算するレセプト業務は、専門的な知識が必要で資格を有していることが有利です。また電子カルテの導入により守秘義務が徹底され、専門的に医療事務を学んだ人は医師や看護師と信頼関係を築きやすいとも言われています。

パソコン

医療現場での情報処理

医療事務の資格を取るためにはスクールに通う以外にも、市販の教材や通信講座を使って学習を進める方法があり、社会人でもライセンス取得を目指せます。教材・通信講座はそれぞれ費用の面で異なる特徴を持ちますが、いずれも大きなメリットがあるので、特徴を踏まえてどの学習方法にするか決めましょう。

勉強スタイルを選ぶ

受付

自分にあった勉強方法

近年、資格取得をする人に人気な資格として挙がっている一つに、医療事務があります。この資格は、取得することにより、開業医等における医療点数の計算などができる人材として働くことが可能になります。医療事務の資格を取るための勉強方法としては、独学・通学・通信があります。自分自身の生活スタイルや勉強スタイルに合わせてどの形式で勉強するのかを決める必要があります。医療事務の資格を取るにあたり、社会人で普段は勤務をしている人が目指す場合には、通学か通信の形式を選択することがお勧めです。普段勤務している人の場合、効率的な勉強をすることが、医療事務資格を取得するのに重要となるため、ポイントを網羅している通学や通信の講座に通うことにおけるメリットが大きいです。では、通学か通信かですが、そこはご自身の勉強時間の確保によって変わってきます。通学する時間をしっかりと確保できる場合には、通学を選択することが可能です。その際には、勤務地の近くや、通勤途中にある場所を選ぶことで、時間を効率的に活用できます。一方、時間の確保が難しい場合には、通信講座を選択することになります。自分の好きな時間に勉強をすることができるため、通常の勤務が忙しい方や、スケジュールが変動的な方には、メリットとなります。通勤時間や昼休憩などの細切れの時間を使いながら資格取得を目指すことも可能になります。また、通信の場合にはどのような教材を使用するのかを事前に確認することも重要です。テキストの表記が自分に向いているのか、勉強する意欲を維持できるのかをポイントに置きながら確認するとよいでしょう。